尚基(なおき)


名前の意味

「尚基(なおき)」という名前は、漢字で「尚」は「尊敬する」という意味で、「基」は「土台や基盤」という意味があります。つまり、「尊敬する土台や基盤」という意味になります。


名前の特徴

「尚基」の特徴として、男性的で力強い印象を与えます。また、「基」という字は堅実で地に足の着いた人物像を表現することから、安定感があり、周囲からの信頼も得やすい名前と言えます。一方、「尚」の字が入ることで、高貴なイメージも持ち合わせています。


つける時の注意点

「尚基」という名前をつける際には、とくに注意する点はありません。現代においても、比較的一般的な名前として用いられており、過度に異質な印象を与えることもないため、安心して命名することができます。ただし、読み方が一般的なものと異なる場合は、本人が不便な思いをすることがあるため、注意が必要です。


名前のフィクション小話

「尚基」の由来は、琉球王国時代の第二尚氏王統の尚泰久の子孫が多くこの名前を持っていたことに端を発します。また、「尚」の字は琉球王族の姓であり、琉球文化において尊敬の意を表す字としてもよく用いられていることから、この名前は琉球地方に由来すると言われています。


「尚」「基」の漢字を含む有名人

杉村尚美 / 渡辺尚子 / 美山尚子 / 新穂尚子 / 麻倉尚太 / 藤原基央 / 永光基乃 / 保阪尚希 / 阿部尚徳 / 若井尚子


「なおき」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man なおき 七伎
man なおき 七和貴
man なおき 七央樹
man なおき 七雄貴
man なおき 夏桜来
man なおき 奈央希
man なおき 奈央樹
man なおき 奈央稀
man なおき 奈央綺
man なおき 奈央葵
man なおき 奈央貴
man なおき 奈沖
man なおき 奈生貴
man なおき 奈緒希
man なおき 奈緒樹
man なおき 奈緒稀
man なおき 奈緒綺
man なおき 奈緒葵
man なおき 奈緒貴
man なおき 奈緒輝
man なおき 奈起
man なおき 尚喜
man なおき 尚基
man なおき 尚季
man なおき 尚希
man なおき 尚暉
man なおき 尚樹
man なおき 尚気
man なおき 尚汽
man なおき 尚葵
man なおき 尚記
man なおき 尚貴
man なおき 尚起
man なおき 尚輝
man なおき 巨樹
man なおき 有輝
man なおき 植樹
man なおき 殖樹
man なおき 治樹
man なおき 猶樹
man なおき 直喜
man なおき 直城
man なおき 直基
man なおき 直己
man なおき 直已
man なおき 直希
man なおき 直幹
man なおき 直樹
man なおき 直毅
man なおき 直気

「なおき」で使われる漢字: 七伎 七和貴 七央樹 七雄貴 夏桜来 奈央希 奈央樹 奈央稀 奈央綺 奈央葵 奈央貴 奈沖 奈生貴 奈緒希 奈緒樹 奈緒稀 奈緒綺 奈緒葵 奈緒貴 奈緒輝 奈起 尚喜 尚基 尚季 尚希 尚暉 尚樹 尚気 尚汽 尚葵 尚記 尚貴 尚起 尚輝 巨樹 有輝 植樹 殖樹 治樹 猶樹 直喜 直城 直基 直己 直已 直希 直幹 直樹 直毅 直気 直生 直稀 直紀 直翼 直葵 直規 直記 直貴 直起 直軌 直輝 直騎 真聖 脩希 脩貴 菜央希 菜央樹 菜央稀 菜央綺 菜央葵 菜央貴 菜緒希 菜緒樹 菜緒稀 菜緒綺 菜緒葵 菜緒貴 那央希 那央樹 那央稀 那央綺 那央葵 那央貴 那沖 那生樹 那緒 那緒希 那緒樹 那緒稀 那緒綺 那緒葵 那緒貴 那起 那遠記

「直気」で読まれるなまえ: なおき なおもと ひさもと