脩貴(なおき)


名前の意味

名前「脩貴(なおき)」は、脩(のぶ)が“学問を身につける”という意味を持ち、“尊い、高貴”という意味を持つ貴(たか)と組み合わせることによって、“高貴な学問の道を究める”という意味を表しています。


名前の特徴

名前「脩貴(なおき)」は、現代的な響きと伝統的な意味を持っており、上品で高貴な印象を与えます。また、この名前には学問や知識を追求するという強い意志が込められているため、将来的に人格者としての道を歩むことが期待されます。


つける時の注意点

「脩貴(なおき)」という名前をつける際には、以下の点に注意することが大切です。まず、読み方が難しいため、周囲の人々に正しい読み方を説明する必要があります。また、この名前には高貴なイメージが含まれているため、その名前にふさわしい教育や環境を提供することが必要です。最後に、多くの場合、名前が人格を形成するため、親や周囲の人々が、子どもの将来を見据えて、責任を持って名前を選ぶことが大切です。


名前のフィクション小話

「脩貴(なおき)」という名前は、日本古来の名前に由来しており、江戸時代に開かれた学問の中心地である、蘭学の道場に通っていた若者たちによって名前が選ばれました。当時、学問を身につけることが、地位や名声を確立するための重要な方法とされていました。


「脩」「貴」の漢字を含む有名人

繁田美貴 / 原扶貴子 / 平野貴大 / 名取未貴 / 未來貴子 / 坂詰貴之 / 立川三貴 / 清貴 / 石橋貴明 / 荒木貴裕


「なおき」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man なおき 七伎
man なおき 七和貴
man なおき 七央樹
man なおき 七雄貴
man なおき 夏桜来
man なおき 奈央希
man なおき 奈央樹
man なおき 奈央稀
man なおき 奈央綺
man なおき 奈央葵
man なおき 奈央貴
man なおき 奈沖
man なおき 奈生貴
man なおき 奈緒希
man なおき 奈緒樹
man なおき 奈緒稀
man なおき 奈緒綺
man なおき 奈緒葵
man なおき 奈緒貴
man なおき 奈緒輝
man なおき 奈起
man なおき 尚喜
man なおき 尚基
man なおき 尚季
man なおき 尚希
man なおき 尚暉
man なおき 尚樹
man なおき 尚気
man なおき 尚汽
man なおき 尚葵
man なおき 尚記
man なおき 尚貴
man なおき 尚起
man なおき 尚輝
man なおき 巨樹
man なおき 有輝
man なおき 植樹
man なおき 殖樹
man なおき 治樹
man なおき 猶樹
man なおき 直喜
man なおき 直城
man なおき 直基
man なおき 直己
man なおき 直已
man なおき 直希
man なおき 直幹
man なおき 直樹
man なおき 直毅
man なおき 直気

「なおき」で使われる漢字: 七伎 七和貴 七央樹 七雄貴 夏桜来 奈央希 奈央樹 奈央稀 奈央綺 奈央葵 奈央貴 奈沖 奈生貴 奈緒希 奈緒樹 奈緒稀 奈緒綺 奈緒葵 奈緒貴 奈緒輝 奈起 尚喜 尚基 尚季 尚希 尚暉 尚樹 尚気 尚汽 尚葵 尚記 尚貴 尚起 尚輝 巨樹 有輝 植樹 殖樹 治樹 猶樹 直喜 直城 直基 直己 直已 直希 直幹 直樹 直毅 直気 直生 直稀 直紀 直翼 直葵 直規 直記 直貴 直起 直軌 直輝 直騎 真聖 脩希 脩貴 菜央希 菜央樹 菜央稀 菜央綺 菜央葵 菜央貴 菜緒希 菜緒樹 菜緒稀 菜緒綺 菜緒葵 菜緒貴 那央希 那央樹 那央稀 那央綺 那央葵 那央貴 那沖 那生樹 那緒 那緒希 那緒樹 那緒稀 那緒綺 那緒葵 那緒貴 那起 那遠記

「直気」で読まれるなまえ: なおき