有輝(なおき)


名前の意味

「有輝(なおき)」は、漢字「有」と「輝」からなる名前で、「有」は何かにあふれた状態を表し、「輝」は光り輝くという意味を持ちます。つまり、「有輝」は、凛とした輝きを持つ人という意味があります。


名前の特徴

「有輝」は、美しい音韻を持ち、男女問わず幅広く使われる名前です。また、名前の持つ意味から、明るく元気で前向きな人柄をイメージさせます。穏やかで和やかな雰囲気を持ち合わせているため、周囲に良い影響を与えることができるでしょう。


つける時の注意点

「有輝」をつける際には、読みやすさや覚えやすさに配慮することが大切です。また、名前の意味や由来を説明してあげることで、子どもが自分の名前に誇りを持てるようになるでしょう。ただし、漢字の「輝」は読み方によっては難解なため、書き方に注意する必要があります。


名前のフィクション小話

「有輝」は、日本のみならず中国などの漢字文化圏で使われる名前です。名字としても使われており、由来や意味については諸説ありますが、古代中国の帝王や文化人に付けられた名前の一つとされていることが知られています。


「有」「輝」の漢字を含む有名人

木下有希子 / 能登有沙 / 藤井麻輝 / 二階堂有希子 / 江川有未 / 魚谷輝明 / 黒崎輝 / 藤澤有沙 / 谷村有美 / 松川尚瑠輝


「なおき」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man なおき 七伎
man なおき 七和貴
man なおき 七央樹
man なおき 七雄貴
man なおき 夏桜来
man なおき 奈央希
man なおき 奈央樹
man なおき 奈央稀
man なおき 奈央綺
man なおき 奈央葵
man なおき 奈央貴
man なおき 奈沖
man なおき 奈生貴
man なおき 奈緒希
man なおき 奈緒樹
man なおき 奈緒稀
man なおき 奈緒綺
man なおき 奈緒葵
man なおき 奈緒貴
man なおき 奈緒輝
man なおき 奈起
man なおき 尚喜
man なおき 尚基
man なおき 尚季
man なおき 尚希
man なおき 尚暉
man なおき 尚樹
man なおき 尚気
man なおき 尚汽
man なおき 尚葵
man なおき 尚記
man なおき 尚貴
man なおき 尚起
man なおき 尚輝
man なおき 巨樹
man なおき 有輝
man なおき 植樹
man なおき 殖樹
man なおき 治樹
man なおき 猶樹
man なおき 直喜
man なおき 直城
man なおき 直基
man なおき 直己
man なおき 直已
man なおき 直希
man なおき 直幹
man なおき 直樹
man なおき 直毅
man なおき 直気

「なおき」で使われる漢字: 七伎 七和貴 七央樹 七雄貴 夏桜来 奈央希 奈央樹 奈央稀 奈央綺 奈央葵 奈央貴 奈沖 奈生貴 奈緒希 奈緒樹 奈緒稀 奈緒綺 奈緒葵 奈緒貴 奈緒輝 奈起 尚喜 尚基 尚季 尚希 尚暉 尚樹 尚気 尚汽 尚葵 尚記 尚貴 尚起 尚輝 巨樹 有輝 植樹 殖樹 治樹 猶樹 直喜 直城 直基 直己 直已 直希 直幹 直樹 直毅 直気 直生 直稀 直紀 直翼 直葵 直規 直記 直貴 直起 直軌 直輝 直騎 真聖 脩希 脩貴 菜央希 菜央樹 菜央稀 菜央綺 菜央葵 菜央貴 菜緒希 菜緒樹 菜緒稀 菜緒綺 菜緒葵 菜緒貴 那央希 那央樹 那央稀 那央綺 那央葵 那央貴 那沖 那生樹 那緒 那緒希 那緒樹 那緒稀 那緒綺 那緒葵 那緒貴 那起 那遠記

「直気」で読まれるなまえ: ありてる なおき ゆうき