奈緒葵(なおき)


名前の意味

「奈」は「菜」や「南」の略字で、植物や南方を意味し、また「千」や「夏」のように鮮やかなイメージがあります。「緒葵」は、縁起の良い「緒」と、美しいアオイ色の「葵」を合わせた名前であり、清らかで上品な印象を与える意味があります。


名前の特徴

「奈緒葵」は珍しい名前であり、一風変わった雰囲気を持っています。また、「奈緒葵」は、漢字の配列や音の響きが美しく、高貴で華やかなイメージを与えます。一方で、読み方が「なおき」と定着していますが、実際には「なをあおい」と読むことが由来となる歌にもみられます。


つける時の注意点

「奈緒葵」という名前は、独特な響きや漢字の配列から、読み方が定着している「なおき」という音読みに混同されることがあります。また、「奈緒葵」という名前は、まだ一般的ではないため、正しく読み上げたり、書いたりすることが難しい場合もあるでしょう。そのため、今後も「奈緒葵」という名前を使う場合には、正しい読み方や書き方を周囲に周知する必要があるかもしれません。


名前のフィクション小話

「奈緒葵」の由来には諸説ありますが、一つは平安時代の歌人、大中臣能宣が詠んだ「秋の田の かりほの庵の 奈良の都は いづこへ行けば いい人に会える」という和歌から取られたとする説があります。この歌には「なをあおい」という言葉が出てきます。また、「あおい」とは日本古来の和歌に多く出てくる色名であり、美しい青い色にちなんだものとも言われています。


「奈」「緒」「葵」の漢字を含む有名人

山口奈々 / 山田佳奈実 / 滝奈保栄 / 矢沢華奈子 / 山田絵里奈 / 原史奈 / 山﨑玲奈 / 柳原可奈子 / フランク莉奈 / 熊井友理奈


「なおき」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man なおき 七伎
man なおき 七和貴
man なおき 七央樹
man なおき 七雄貴
man なおき 夏桜来
man なおき 奈央希
man なおき 奈央樹
man なおき 奈央稀
man なおき 奈央綺
man なおき 奈央葵
man なおき 奈央貴
man なおき 奈沖
man なおき 奈生貴
man なおき 奈緒希
man なおき 奈緒樹
man なおき 奈緒稀
man なおき 奈緒綺
man なおき 奈緒葵
man なおき 奈緒貴
man なおき 奈緒輝
man なおき 奈起
man なおき 尚喜
man なおき 尚基
man なおき 尚季
man なおき 尚希
man なおき 尚暉
man なおき 尚樹
man なおき 尚気
man なおき 尚汽
man なおき 尚葵
man なおき 尚記
man なおき 尚貴
man なおき 尚起
man なおき 尚輝
man なおき 巨樹
man なおき 有輝
man なおき 植樹
man なおき 殖樹
man なおき 治樹
man なおき 猶樹
man なおき 直喜
man なおき 直城
man なおき 直基
man なおき 直己
man なおき 直已
man なおき 直希
man なおき 直幹
man なおき 直樹
man なおき 直毅
man なおき 直気

「なおき」で使われる漢字: 七伎 七和貴 七央樹 七雄貴 夏桜来 奈央希 奈央樹 奈央稀 奈央綺 奈央葵 奈央貴 奈沖 奈生貴 奈緒希 奈緒樹 奈緒稀 奈緒綺 奈緒葵 奈緒貴 奈緒輝 奈起 尚喜 尚基 尚季 尚希 尚暉 尚樹 尚気 尚汽 尚葵 尚記 尚貴 尚起 尚輝 巨樹 有輝 植樹 殖樹 治樹 猶樹 直喜 直城 直基 直己 直已 直希 直幹 直樹 直毅 直気 直生 直稀 直紀 直翼 直葵 直規 直記 直貴 直起 直軌 直輝 直騎 真聖 脩希 脩貴 菜央希 菜央樹 菜央稀 菜央綺 菜央葵 菜央貴 菜緒希 菜緒樹 菜緒稀 菜緒綺 菜緒葵 菜緒貴 那央希 那央樹 那央稀 那央綺 那央葵 那央貴 那沖 那生樹 那緒 那緒希 那緒樹 那緒稀 那緒綺 那緒葵 那緒貴 那起 那遠記

「直気」で読まれるなまえ: なおき