尚気(なおき)


名前の意味

「尚気」は、「尚(なお)」は「高貴で尊敬に値する」という意味を持ち、「気(き)」は「気風や風格」という意味を持ちます。つまり、「高貴で風格ある人柄」を表します。


名前の特徴

「尚気」の特徴として、名前の上品さや高貴さが挙げられます。また、「尚気」の音は、なめらかで柔らかい響きを持っているため耳に心地よい印象を与えます。さらに、人と違った珍しい名前であることから、与えられた人物の個性や特別感を表現することができます。


つける時の注意点

「尚気」をつける際の注意点として、一般的には女性に向いた名前とされていますが、男性でも使うことができます。しかし、「尚氏」という役職に由来しているため、苗字が「尚」と同じであることが望ましいとされます。また、「尚気」は漢字の難読名であるため、読み方が難しいという点もあります。そのため、つける場合は誤読されないように、親御さんとしては子どもに正しい読み方をしっかりと教えるように心がける必要があります。


名前のフィクション小話

「尚気」の由来は、琉球王国時代に礼楽を司る役職「尚氏(しょうし)」に由来します。尚氏は、「家柄が高貴であること」と「礼儀正しさ」を表す意味があり、そのため尚氏の子孫に「尚」を冠した名前が多くつけられました。そして、「尚気」は尚氏の子孫に対して尊敬の念を込めてつけられた名前として、現代でも使われ続けています。


「尚」「気」の漢字を含む有名人

若井尚子 / 西田尚美 / 徳田尚美 / 松川尚瑠輝 / 藤井尚之 / 保阪尚希 / 新穂尚子 / 松山尚子 / 須藤元気 / 美山尚子


「なおき」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man なおき 七伎
man なおき 七和貴
man なおき 七央樹
man なおき 七雄貴
man なおき 夏桜来
man なおき 奈央希
man なおき 奈央樹
man なおき 奈央稀
man なおき 奈央綺
man なおき 奈央葵
man なおき 奈央貴
man なおき 奈沖
man なおき 奈生貴
man なおき 奈緒希
man なおき 奈緒樹
man なおき 奈緒稀
man なおき 奈緒綺
man なおき 奈緒葵
man なおき 奈緒貴
man なおき 奈緒輝
man なおき 奈起
man なおき 尚喜
man なおき 尚基
man なおき 尚季
man なおき 尚希
man なおき 尚暉
man なおき 尚樹
man なおき 尚気
man なおき 尚汽
man なおき 尚葵
man なおき 尚記
man なおき 尚貴
man なおき 尚起
man なおき 尚輝
man なおき 巨樹
man なおき 有輝
man なおき 植樹
man なおき 殖樹
man なおき 治樹
man なおき 猶樹
man なおき 直喜
man なおき 直城
man なおき 直基
man なおき 直己
man なおき 直已
man なおき 直希
man なおき 直幹
man なおき 直樹
man なおき 直毅
man なおき 直気

「なおき」で使われる漢字: 七伎 七和貴 七央樹 七雄貴 夏桜来 奈央希 奈央樹 奈央稀 奈央綺 奈央葵 奈央貴 奈沖 奈生貴 奈緒希 奈緒樹 奈緒稀 奈緒綺 奈緒葵 奈緒貴 奈緒輝 奈起 尚喜 尚基 尚季 尚希 尚暉 尚樹 尚気 尚汽 尚葵 尚記 尚貴 尚起 尚輝 巨樹 有輝 植樹 殖樹 治樹 猶樹 直喜 直城 直基 直己 直已 直希 直幹 直樹 直毅 直気 直生 直稀 直紀 直翼 直葵 直規 直記 直貴 直起 直軌 直輝 直騎 真聖 脩希 脩貴 菜央希 菜央樹 菜央稀 菜央綺 菜央葵 菜央貴 菜緒希 菜緒樹 菜緒稀 菜緒綺 菜緒葵 菜緒貴 那央希 那央樹 那央稀 那央綺 那央葵 那央貴 那沖 那生樹 那緒 那緒希 那緒樹 那緒稀 那緒綺 那緒葵 那緒貴 那起 那遠記

「直気」で読まれるなまえ: なおき ひさおき