直己(なおき)


名前の意味

「直」は「まっすぐ」という意味を持ち、「己」は「本人」という意味を持っています。つまり、「直己」は「まっすぐな自分自身」という意味になります。


名前の特徴

「直己」は独自性や強い自己主張を持つ人物にふさわしい名前です。自分に正直でまっすぐな性格を持ち、他人を説得する力にも優れています。また、「直己」はユニークな名前であるため、個性的で印象的な名前としても知られています。


つける時の注意点

「直己」という名前は、珍しい名前であるため、つける時には注意が必要です。周りから疎外感を持たれることもあるため、子供の性格や個性によっては大きなプレッシャーを感じることもあります。また、「なおき」という読み方は、漢字の「直己」と厳密には異なる音を持つため、注意が必要です。


名前のフィクション小話

「直己」という名前は日本の古典文学『源氏物語』の登場人物「直木三十郎」から由来しています。また、「直己」は人名にあまり使われない珍しい名前であるため、現代では創作や小説などのフィクション作品に、登場人物の名前として頻繁に使用されています。


「直」「己」の漢字を含む有名人

山崎直子 / 諸星和己 / 網浜直子 / 竹内夕己美 / 杉浦直樹 / 六平直政 / 坪田直子 / 林部直樹 / 田中直樹 / 中村武己


「なおき」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man なおき 七伎
man なおき 七和貴
man なおき 七央樹
man なおき 七雄貴
man なおき 夏桜来
man なおき 奈央希
man なおき 奈央樹
man なおき 奈央稀
man なおき 奈央綺
man なおき 奈央葵
man なおき 奈央貴
man なおき 奈沖
man なおき 奈生貴
man なおき 奈緒希
man なおき 奈緒樹
man なおき 奈緒稀
man なおき 奈緒綺
man なおき 奈緒葵
man なおき 奈緒貴
man なおき 奈緒輝
man なおき 奈起
man なおき 尚喜
man なおき 尚基
man なおき 尚季
man なおき 尚希
man なおき 尚暉
man なおき 尚樹
man なおき 尚気
man なおき 尚汽
man なおき 尚葵
man なおき 尚記
man なおき 尚貴
man なおき 尚起
man なおき 尚輝
man なおき 巨樹
man なおき 有輝
man なおき 植樹
man なおき 殖樹
man なおき 治樹
man なおき 猶樹
man なおき 直喜
man なおき 直城
man なおき 直基
man なおき 直己
man なおき 直已
man なおき 直希
man なおき 直幹
man なおき 直樹
man なおき 直毅
man なおき 直気

「なおき」で使われる漢字: 七伎 七和貴 七央樹 七雄貴 夏桜来 奈央希 奈央樹 奈央稀 奈央綺 奈央葵 奈央貴 奈沖 奈生貴 奈緒希 奈緒樹 奈緒稀 奈緒綺 奈緒葵 奈緒貴 奈緒輝 奈起 尚喜 尚基 尚季 尚希 尚暉 尚樹 尚気 尚汽 尚葵 尚記 尚貴 尚起 尚輝 巨樹 有輝 植樹 殖樹 治樹 猶樹 直喜 直城 直基 直己 直已 直希 直幹 直樹 直毅 直気 直生 直稀 直紀 直翼 直葵 直規 直記 直貴 直起 直軌 直輝 直騎 真聖 脩希 脩貴 菜央希 菜央樹 菜央稀 菜央綺 菜央葵 菜央貴 菜緒希 菜緒樹 菜緒稀 菜緒綺 菜緒葵 菜緒貴 那央希 那央樹 那央稀 那央綺 那央葵 那央貴 那沖 那生樹 那緒 那緒希 那緒樹 那緒稀 那緒綺 那緒葵 那緒貴 那起 那遠記

「直気」で読まれるなまえ: なおき なおみ