菜央稀(なおき)


名前の意味

「菜(ナ)」は、植物のことを指し、「央(オウ)」は中心や真ん中を表す漢字で、「稀(キ)」は珍しい・珍しさを意味します。つまり、「菜央稀(なおき)」という名前は、美しい植物が中心にあり、珍しさを表現した名前となります。


名前の特徴

「菜央稀」という名前は、珍しい名前であるため、他の人と重複することは少なく、かつ個性的であります。また、和風の響きがあるため、日本語の名前としても違和感がありません。子どもが成長してからも古さや馴染みすぎた感じが出ないため、長く使っていくことができるでしょう。


つける時の注意点

「菜央稀」という名前をつける際には、読み方が難しいという点が考えられます。そのため、名前を正しく書いてもらえるように、漢字を明確に伝えておくことが重要です。また、「菜央稀」という名前は比較的に長いため、名前で呼ばれるときかなりの時間がかかってしまう場合がありますので、フルネームでなく、あだ名を使ったり、間の長さを短くして呼ぶ方法も検討してみてください。


名前のフィクション小話

「菜央稀」という名前の由来は特定されていませんが、日本語の漢字を組み合わせた名前であるため、古くから日本で使われてきた名前です。そのため、伝統的でありながら珍しい名前と言えます。


「菜」「央」「稀」の漢字を含む有名人

中森明菜 / 森本栞菜 / 三田真央 / 江澤璃菜 / 小宮璃央 / 濱田佳菜 / 千崎若菜 / 川崎真央 / 松本若菜 / 戸田菜穂


「なおき」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man なおき 七伎
man なおき 七和貴
man なおき 七央樹
man なおき 七雄貴
man なおき 夏桜来
man なおき 奈央希
man なおき 奈央樹
man なおき 奈央稀
man なおき 奈央綺
man なおき 奈央葵
man なおき 奈央貴
man なおき 奈沖
man なおき 奈生貴
man なおき 奈緒希
man なおき 奈緒樹
man なおき 奈緒稀
man なおき 奈緒綺
man なおき 奈緒葵
man なおき 奈緒貴
man なおき 奈緒輝
man なおき 奈起
man なおき 尚喜
man なおき 尚基
man なおき 尚季
man なおき 尚希
man なおき 尚暉
man なおき 尚樹
man なおき 尚気
man なおき 尚汽
man なおき 尚葵
man なおき 尚記
man なおき 尚貴
man なおき 尚起
man なおき 尚輝
man なおき 巨樹
man なおき 有輝
man なおき 植樹
man なおき 殖樹
man なおき 治樹
man なおき 猶樹
man なおき 直喜
man なおき 直城
man なおき 直基
man なおき 直己
man なおき 直已
man なおき 直希
man なおき 直幹
man なおき 直樹
man なおき 直毅
man なおき 直気

「なおき」で使われる漢字: 七伎 七和貴 七央樹 七雄貴 夏桜来 奈央希 奈央樹 奈央稀 奈央綺 奈央葵 奈央貴 奈沖 奈生貴 奈緒希 奈緒樹 奈緒稀 奈緒綺 奈緒葵 奈緒貴 奈緒輝 奈起 尚喜 尚基 尚季 尚希 尚暉 尚樹 尚気 尚汽 尚葵 尚記 尚貴 尚起 尚輝 巨樹 有輝 植樹 殖樹 治樹 猶樹 直喜 直城 直基 直己 直已 直希 直幹 直樹 直毅 直気 直生 直稀 直紀 直翼 直葵 直規 直記 直貴 直起 直軌 直輝 直騎 真聖 脩希 脩貴 菜央希 菜央樹 菜央稀 菜央綺 菜央葵 菜央貴 菜緒希 菜緒樹 菜緒稀 菜緒綺 菜緒葵 菜緒貴 那央希 那央樹 那央稀 那央綺 那央葵 那央貴 那沖 那生樹 那緒 那緒希 那緒樹 那緒稀 那緒綺 那緒葵 那緒貴 那起 那遠記

「直気」で読まれるなまえ: なおき