蒼爾(あおじ)


名前の意味

「蒼爾(あおじ)」は、青い(蒼)色をイメージさせ、清々しく爽やかな印象を受けます。また、爾は「あなた」「それ」といった意味を持ち、蒼爾は自然に近い存在やあらゆるものと繋がりを持っているようなイメージを与えます。さらに、青は天と地を繋ぐ色とされ、また大空や大海といった広い範囲を表す色ともされます。そういった大きなものに繋がりを持つような意味合いがあります。


名前の特徴

蒼爾という名前の特徴は、爽やかさや清々しさ、そして自然との繋がりをイメージさせることです。自然との繋がりを感じるイメージから、自然や生き物を愛する人や、環境問題に関心を持つ人にも合いそうです。また、現代社会においてストレスが多い中、蒼爾という名前が持つ癒しの要素もあるといえます。


つける時の注意点

蒼爾という名前は、特につける注意点はありません。しかしながら、漢字表記をする場合に、爬虫類目の動物「トカゲ」の「蜥蜴(トカゲの別名)」と同じ漢字「蜥」(せき)を用いると、漢字から読むと似たような音になって「蜥爾(せきじ)」と読まれることがあるため、注意が必要です。また、名前の印象やイメージを重視する場合には、仮名表記の「あおじ」が合いやすいといえます。


名前のフィクション小話

「蒼爾」は、日本原産の花、「アオジ」に由来しています。アオジは、青みがかった色の鳥で、春になると鳴き声が聞こえることから「春の使者」とも呼ばれます。また、秋になると青褐色のヨモギのような花を咲かせることから、「ヨモギアオジ」とも呼ばれます。そんなアオジから「蒼爾」という名前が付けられたとされています。


「蒼」「爾」の漢字を含む有名人

矢口蒼依 / 高岡蒼佑 / 中村蒼 / 崎山蒼志 / 福士蒼汰


「あおじ」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man あおし 碧史
man あおし 碧志
man あおし
man あおし 蒼史
man あおし 蒼司
man あおし 蒼嗣
man あおし 蒼士
man あおし 蒼志
man あおし 蒼示
man あおし 蒼紫
man あおし 蒼至
man あおし 蒼詞
man あおし 蒼詩
man あおし 蒼資
man あおし 藍詩
man あおし
man あおし 青史
man あおし 青司
man あおし 青嗣
man あおし 青士
man あおし 青志
man あおし 青至
man あおし 青資
man あおじ 蒼之
man あおじ 蒼二
man あおじ 蒼仁
man あおじ 蒼侍
man あおじ 蒼児
man あおじ 蒼史
man あおじ 蒼司
man あおじ 蒼嗣
man あおじ 蒼地
man あおじ 蒼士
man あおじ 蒼志
man あおじ 蒼慈
man あおじ 蒼時
man あおじ 蒼次
man あおじ 蒼治
man あおじ 蒼滋
man あおじ 蒼爾
man あおじ 蒼示
man あおじ 蒼自
man あおじ 蒼至
man あおじ 蒼詞
man あおじ 蒼詩
man あおじ 蒼資
man あおじ 蒼路