奈緒(なお)


名前の意味

「奈緒(なお)」の意味は、細く華奢な植物の茎を意味する「薄茎 (はこが) 」から派生しており、細くて繊細な心を表します。また、「奈」と「緒」の2文字が引き合わせ、家族や友人との縁が深く、固い絆を意味することもあります。


名前の特徴

「奈緒(なお)」の特徴は、柔らかく上品な響きであり、他の名前と合わせても調和されるため、名前の選び方に悩む人にはおすすめの名前です。また、漢字の「奈緒」はどちらも優れた意味を持ち、繊細できめ細やかなイメージを打ち出すことができます。


つける時の注意点

「奈緒(なお)」をつける際の注意点としては、漢字の「奈緒」の組み合わせが珍しいため、読み方がわかりにくいという点があります。また、名前の一部分である「緒」が女性の名前としてよく使われるため、男性の場合は名前の印象に注意する必要があります。しかし、一度覚えてしまえば忘れられない響きがあり、長く使われる名前となることが期待されます。


名前のフィクション小話

「奈緒(なお)」は、古くから日本に伝わる名前で、「奈」は菜の花が咲き誇る季節に咲く花、「緒」は民間信仰で縁起物とされる紐から取られたものです。また、日本の近代文学の巨匠である夏目漱石の『こころ』で、主人公の友人の名前としても登場しており、広く知られるようになりました。


「奈」「緒」の漢字を含む有名人

田島穂奈美 / 南琴奈 / 中村玉緒 / 尾高杏奈 / 平松可奈子 / 鎌田奈津美 / 松本花奈 / 木内梨生奈 / 辰巳奈都子 / 南明奈


「なお」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man なお 七和
man なお 七生
man なお 七音
man なお 南和
man なお 南夫
man なお 南央
man なお 南朋
man なお 南男
man なお 南雄
man なお 名生
man なお 奈央
man なお 奈男
man なお 奈緒
man なお
man なお 尚央
man なお
man なお 直夫
man なお 直央
man なお 直生
man なお 直男
man なお 縄生
man なお 那央
man なお 那緒

「なお」で使われる漢字: 七和 七生 七音 南和 南夫 南央 南朋 南男 南雄 名生 奈央 奈男 奈緒 尚央 直夫 直央 直生 直男 縄生 那央 那緒

「那緒」で読まれるなまえ: なお