道治(どうじ)


名前の意味

「道治(どうじ)」は、人道を治めるという意味があります。この名前には、子どもが社会で道徳的な価値観を持ち、人々を尊重し、善い行いをするように育つことを表しています。また、「道」という漢字が含まれることから、人生の道を歩む上での指針を持つことへの意識をもつことが期待されます。


名前の特徴

「道治(どうじ)」という名前は、古風でありながら、現代でも通用する洗練された響きを持つ名前です。日本においては、最近ではあまり使用されることがなく、非常に珍しい名前の一つでもあります。この名前を持つ子どもは、自分の行動に責任を持ち、誠実で真面目な性格となる傾向があります。また、感受性が豊かで、自己表現能力が高くなるとされています。


つける時の注意点

「道治(どうじ)」という名前をつける場合には、次の点に注意が必要です。一つ目は、この名前があまり一般的ではないことです。そのため、名前に対して興味を持つ人がいる一方で、異質な存在とみられることもあるかもしれません。また、読み方がわかりにくいと感じる人もいるかもしれません。二つ目は、名前に込められた意味が強く、「道」「治」「人道」といった価値観が含まれることから、子どもが育つ環境に合わせて「誠実さ」「責任感」などの価値観を大切にする家庭で「道治(どうじ)」という名前をつけることが望ましいでしょう。


名前のフィクション小話

「道治(どうじ)」の由来については複数の説がありますが、主に次の2つが考えられています。一つ目は、「正治」や「定治」といった名前から派生したもので、「治」の字が共通していることから、「治める」という意味を持った名前として使用されたとされています。二つ目は、「道」という漢字に注目する説です。この説によれば、「道」という字が「道徳的な生き方」という意味を持つことから、「人道を治める」という意味を込めた名前として使用され始めたとされます。


「道」「治」の漢字を含む有名人

滝川英治 / すわ親治 / 高橋幸治 / 外村道子 / 岡本純治 / 東野幸治 / 春畑道哉 / 中野英治 / 安藤治彦 / 神戸誠治


「どうじ」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man とうし 桃侍
man とうし 桃史
man とうし 統志
man とうし 透志
man とうし 闘志
man とうじ 冬二
man とうじ 冬侍
man とうじ 冬児
man とうじ 冬史
man とうじ 冬慈
man とうじ 冬次
man とうじ 冬治
man とうじ 冬滋
man とうじ 冬示
man とうじ 冬詩
man とうじ 冬路
man とうじ 刀侍
man とうじ 東二
man とうじ 東児
man とうじ 東司
man とうじ 東次
man とうじ 柊治
man とうじ 桐士
man とうじ 童司
man とうじ 統次
man とうじ 統治
man とうじ 透児
man どうし 道史
man どうし 道士
man どうし 道志
man どうじ 道司
man どうじ 道志
man どうじ 道治