道史(どうし)


名前の意味

「道史(どうし)」という名前は、漢字の「道」と「史」から成り立っています。道は「正しい方向に進むこと」や「真理」「道徳」といった意味があり、史は「歴史」や「記録」といった意味があります。つまり、道史という名前は、正しい方向を進み、歴史的な足跡を残す人という意味を持ちます。


名前の特徴

「道史」という名前は、古風な響きがあり、読みやすく、親しみやすい名前です。また、「道」という漢字が入っていることから、精神的に成長し、何事にも真摯に取り組む努力家の人物像が浮かびます。さらに、「史」という漢字が入っていることから、知識や歴史に興味を持った人に向いた名前とも言えます。


つける時の注意点

「道史」という名前をつける場合、注意点としては、覚えやすく、読みやすいことが大切です。また、古風であると同時に、現代っ子にも受け入れられるような印象を与えるようにも配慮するとよいでしょう。さらに、この名前には精神的な成長や真摯な努力家のイメージが含まれるため、そうした性格を持った人に合う名前と言えます。親が名前をつける際には、子どもの性格や将来の姿に合わせて、慎重に決めるようにしましょう。


名前のフィクション小話

「道史」という名前の由来は明確にはわかっていませんが、古来から漢字文化の影響を受けた日本では「道」という漢字が、道徳的な価値観を表す言葉として重要視されてきました。また、「史」という漢字も、歴史的に重要な出来事や人物を記録するという意味があり、漢字文化の中でも重要な役割を果たしてきました。これらの意味から、日本の伝統的な価値観を持ち、知識や歴史に興味を持つ人に良く合った名前となったのかもしれません。


「道」「史」の漢字を含む有名人

筒井道隆 / 中山史奈 / 林剛史 / 村松利史 / 南道郎 / 原史奈 / 山田篤史 / 真湖道代 / 建部道子 / 中畑道子


「どうし」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man とうし 桃侍
man とうし 桃史
man とうし 統志
man とうし 透志
man とうし 闘志
man とうじ 冬二
man とうじ 冬侍
man とうじ 冬児
man とうじ 冬史
man とうじ 冬慈
man とうじ 冬次
man とうじ 冬治
man とうじ 冬滋
man とうじ 冬示
man とうじ 冬詩
man とうじ 冬路
man とうじ 刀侍
man とうじ 東二
man とうじ 東児
man とうじ 東司
man とうじ 東次
man とうじ 柊治
man とうじ 桐士
man とうじ 童司
man とうじ 統次
man とうじ 統治
man とうじ 透児
man どうし 道史
man どうし 道士
man どうし 道志
man どうじ 道司
man どうじ 道志
man どうじ 道治