道士(どうし)


名前の意味

「道士(どうし)」の意味は、仏門に入った僧侶のことです。また、修行や宗教的な生き方をする人を指すこともあります。一般的に日本人にとって、道士とは、古代から伝わる日本の風習や文化を守り伝える僧侶のイメージが強くあります。


名前の特徴

「道士(どうし)」という名前は、精神的な深さと知識を示すことができます。明るく、穏やかで優しい性格を持ち、他人と対等な立場で接することができます。芸術と科学に対する興味も強く、創造的で才能を発揮することができます。


つける時の注意点

「道士(どうし)」という名前をつける際には、個性的であることが一つのポイントですが、自然な響きを持った名前を選ぶことが重要です。また、仏教に深い関心を持っていたり、伝統や文化に敬意を払う家庭に生まれた子どもに適した名前です。しかし、宗教的な意味を重んじる名前であるため、適切な場面で使用するように注意する必要があります。


名前のフィクション小話

「道士(どうし)」の由来は、古くは日本の寺院に勉学に励む若者を指す言葉「土御門流(つちみかどりゅう)」に由来しています。この流派では、様々な学問を研究することで、道を極めることを目的としていました。その後、道士という名称が一般的に広がり、現在でも宗教や風習を守る役割を担う僧侶として存在しています。


「道」「士」の漢字を含む有名人

ウエンツ瑛士 / 浜口富士子 / 榊原徹士 / 大楠道代 / 新堂敦士 / 加藤高道 / 敦士 / 柳東士 / 宇梶剛士 / 平井道子


「どうし」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man とうし 桃侍
man とうし 桃史
man とうし 統志
man とうし 透志
man とうし 闘志
man とうじ 冬二
man とうじ 冬侍
man とうじ 冬児
man とうじ 冬史
man とうじ 冬慈
man とうじ 冬次
man とうじ 冬治
man とうじ 冬滋
man とうじ 冬示
man とうじ 冬詩
man とうじ 冬路
man とうじ 刀侍
man とうじ 東二
man とうじ 東児
man とうじ 東司
man とうじ 東次
man とうじ 柊治
man とうじ 桐士
man とうじ 童司
man とうじ 統次
man とうじ 統治
man とうじ 透児
man どうし 道史
man どうし 道士
man どうし 道志
man どうじ 道司
man どうじ 道志
man どうじ 道治