仁頼(とよより)


名前の意味

「仁頼」は、「仁のある頼みになる人」という意味があります。また、「仁」は「人を思いやる心」という美徳を表し、「頼」は「頼られる人」という意味があります。総じて、「仁頼」は、人から頼りにされる優しく温かみのある人柄を持った名前とされています。


名前の特徴

「仁頼」の持つ特徴としては、人当りが良く、おおらかで親しみやすい人柄が挙げられます。また、「仁頼」は心優しい人が多いとされており、周りに気を配ることができるため、人からの信頼も厚い傾向があります。さらに、「仁頼」は、高い倫理観や公正な判断力を持つ傾向があるとされます。


つける時の注意点

「仁頼」という名前は、古くから日本に伝わる由緒ある名前であり、優れた人柄を表す名前とされています。ただし、現代では、古風な名前として捉えられることもあります。このため、子供に「仁頼」という名前をつける場合には、周囲の意見を聞きつつ慎重に考慮することが重要です。また、「仁頼」という名前は、読みが難しいため、小学校入学前までに正しい読み方を覚えさせるように心がけることも大切です。


名前のフィクション小話

「仁頼」の由来は、古代日本の武将・坂上田村麻呂が、自らの最愛の息子に与えた名前に由来します。田村麻呂は、飛鳥時代から平安時代初期にかけて暗躍し、多くの功績を残した武将であり、文人としても有名でした。田村麻呂は、「仁愛」を重んじる人物であり、「仁頼」という名前も、その思想にちなんでつけられたとされています。


「仁」「頼」の漢字を含む有名人

花川仁教 / 北川悠仁 / 吉岡仁美 / 岡本仁志 / 平牧仁 / 小沢仁志 / 仲程仁美 / 生天目仁美 / 北川悠仁 / 呑山仁奈子


「とよより」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man とよより 仁依
man とよより 仁頼
man とよより 豊依
man とよより 豊因
man とよより 豊寄
man とよより 豊従
man とよより 豊拠
man とよより 豊選
man とよより 豊順
man とよより 豊頼

「とよより」で使われる漢字: 仁依 仁頼 豊依 豊因 豊寄 豊従 豊拠 豊選 豊順 豊頼

「豊頼」で読まれるなまえ: とよより