仁依(とよより)


名前の意味

仁依(とよより)は、「仁愛により人を愛する」という意味を持ちます。仁依は、人を思いやる心や、他人への優しさを表す言葉です。この名前には、人とのつながりを大切にする意味が込められています。


名前の特徴

仁依という名前は、まさにその意味通り、優しさや思いやりにあふれています。また、落ち着いた雰囲気を持ち、優しい口調で話すことが多いとされています。穏やかで優しい性格の持ち主が多いことが特徴と言えるでしょう。


つける時の注意点

「仁依」という名前は、とても美しい響きを持つ名前ですが、一部の人はこの名前がどちらかというと女性らしい、可愛らしいイメージを持っている場合もあります。また、現代ではあまり使われていない珍しい名前であるため、名前を付ける際には、その子どもが育つ環境によって受け入れられやすい名前かどうかをよく考慮することが大切です。


名前のフィクション小話

「仁」は、人を思いやる心や思いやりを表す漢字で、「依」は、頼る・依存する・庇護するなどの意味を持ちます。この名前は、日本の古典的な言葉である「仁侯【にんこう】」から来ています。仁侯は、宮廷に仕えていた高官の中でも最高位である「太宰丞(だいのつかさ)」のことを指しています。


「仁」「依」の漢字を含む有名人

細川桃仁 / 福田愛依 / 洞口依子 / 赤西仁 / 北川悠仁 / 横山由依 / 村山仁美 / 三好杏依 / 水野雄仁 / 辻仁成


「とよより」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man とよより 仁依
man とよより 仁頼
man とよより 豊依
man とよより 豊因
man とよより 豊寄
man とよより 豊従
man とよより 豊拠
man とよより 豊選
man とよより 豊順
man とよより 豊頼

「とよより」で使われる漢字: 仁依 仁頼 豊依 豊因 豊寄 豊従 豊拠 豊選 豊順 豊頼

「豊頼」で読まれるなまえ: とよより