哀彦(あいたろう)


名前の意味

「哀彦(あいたろう)」という名前は、漢字で「悲しみにあふれた賢者」という意味を持ちます。哀彦は、深い悲しみや苦労を経験し、その中で知恵を得た人物を表しています。


名前の特徴

哀彦という名前の特徴は、その深い意味から、知的で賢いイメージがあることです。また、哀彦という名前は珍しいため、個性的でもあります。ただし、名前が示す意味ゆえに、悲しみや苦労を象徴するため、名前に対する印象によっては、ネガティブなイメージを持たれる場合があります。


つける時の注意点

「哀彦」という名前は、深い意味を持つ名前であるため、つける際には注意が必要です。名前に対する印象がネガティブな場合もあり得ます。また、読み方が複雑で、書き方も決まっているため、正確な表記を守ることが望ましいでしょう。最も重要なことは、お子さん自身がその名前を胸を張って、自信を持って使えるような名前を選ぶことです。


名前のフィクション小話

哀彦という名前は日本の古典文学『源氏物語』に登場する人物の一人、哀彦君(あいたろうくん)から取られています。哀彦君は、母親を失った後、父親の新婚相手にいじめられ、悲しみを抱える若者であり、彼を慕っていた主人公の女性たちが、彼に名付けられたとされています。


「哀」「彦」の漢字を含む有名人

近藤真彦 / 井ノ原快彦 / 柴田侊彦 / 加藤晴彦 / 中田敦彦 / 渡瀬恒彦 / 小畑隆彦 / 石倉英彦 / 小野武彦 / 中川勝彦


「あいたろう」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man あいたろう 哀太朗
man あいたろう 哀太郎
man あいたろう 哀彦
man あいたろう 愛太朗
man あいたろう 愛太郎
man あいたろう 相太朗
man あいたろう 相太郎
man あいたろう 藍太朗
man あいたろう 藍太郎

「あいたろう」で使われる漢字: 哀太朗 哀太郎 哀彦 愛太朗 愛太郎 相太朗 相太郎 藍太朗 藍太郎

「藍太郎」で読まれるなまえ: あいたろう あいひこ