哀蔵(あいぞう)


名前の意味

「哀蔵」という名前は、日本の武家や浄瑠璃に登場する「哀れで可愛らしい男性」を意味します。つまり、愛らしくて少し悲しげな印象を与える名前と言えます。


名前の特徴

「哀蔵」という名前は、一般的な名前と比べて珍しいので、その独特さが特徴です。また、哀れで可愛らしいイメージを持つため、女性や子供に対して使われることが多いです。


つける時の注意点

「哀蔵」という名前をつける場合には、少し珍しい名前であることを意識する必要があります。また、悲しげで可愛らしいイメージを持つため、人格や性格に合わせた名前づけが重要です。男の子につける場合には、かっこよさを重視する方には適していない名前かもしれません。


名前のフィクション小話

「哀蔵」という名前は、元々は日本で使われていた古い名前の一つで、武家や浄瑠璃に登場する名前として有名です。特に、浄瑠璃「曽根崎心中」に登場する哀蔵は、後に多くの作品で登場する名前となりました。


「哀」「蔵」の漢字を含む有名人

笹岡繁蔵 / 村下孝蔵 / 林家正蔵 / 市川雷蔵 / 佐々木蔵之介 / 剣源蔵 / 市川海老蔵 / 大川橋蔵 / 陣内大蔵 / 真木蔵人


「あいぞう」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man あいぞう 哀三
man あいぞう 哀蔵
man あいぞう 哀造
man あいぞう 愛三
man あいぞう 愛蔵
man あいぞう 愛造
man あいぞう 相三
man あいぞう 相蔵
man あいぞう 相造
man あいぞう 藍三
man あいぞう 藍蔵
man あいぞう 藍造

「あいぞう」で使われる漢字: 哀三 哀蔵 哀造 愛三 愛蔵 愛造 相三 相蔵 相造 藍三 藍蔵 藍造

「藍造」で読まれるなまえ: あいぞう