碧(あい)


名前の意味

「碧(あい)」は、緑色や青色に近い色を表す。清らかで高貴な感じがあり、「蒼」という漢字が使われることもある。名前としては、清らかなイメージや穏やかな印象を持つ。


名前の特徴

「碧」の名前を持つ人は、静かで穏やかな性格を持ち、人当たりが柔らかい優しい人が多い。知的で洗練された印象を与えることが多く、芸術的な才能にも恵まれることがある。


つける時の注意点

「碧」の名前をつける場合、漢字の「碧」ではなく、平仮名の「あい」という読み方が主流である。また、字余りに注意し、フルネームの響きを確認することが大切である。さらに、「碧」という名前は女性に多く付けられることが多いため、男性につける場合は注意が必要である。


名前のフィクション小話

「碧」の語源は、古代中国で使われた色名「碧瑶」とされている。それが日本に伝わり、「碧」という字がつくられた。また、「アイ」という読み方は、古くから日本で使われていた女名「あさ」の別名であり、その名前が現代に「碧(あい)」として伝わっていったと考えられている。


「碧」の漢字を含む有名人

夕崎碧 / 金沢碧 / 悠木碧 / 水原碧衣 / 渡辺碧斗 / 玉井碧


「あい」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man あい 亜異
man あい 亜緯
man あい
man あい
man あい
man あい

「あい」で使われる漢字: 亜異 亜緯

「逢」で読まれるなまえ: あい あお あおい あおと しおん へき