愛史(あいふみ)


名前の意味

「愛史」は、「愛する」と「歴史」を合わせた名前であり、愛情を持ち歴史を尊び、未来に向かって歩む人を表します。人生においても自分自身や周りの人々とのかかわりを大切にし、過去を尊重しつつも前向きに進む精神を持っています。


名前の特徴

「愛史」の人は、包容力があり、誰に対しても優しく接することができます。謙虚で努力家な一面もあり、自分の能力を高めることに熱心です。また、感受性が豊かで芸術的な才能を持っていることも多く、美的センスにも優れています。


つける時の注意点

「愛史」の名前をつける際には、読み方が複数あるため、正確な読み方を伝えることが重要です。また、名前に「愛」という字が含まれるため、恋愛や結婚に関する妄想を持たれることがあるかもしれませんが、本人が自分の人生を自ら切り拓いていくことを大切にすることを伝えることが大切です。


名前のフィクション小話

「愛史」の名前は、新しい時代に向けて、伝統や歴史を大切にしていくことを表す名前として、現代に生まれた日本人によって命名されたものです。また、「愛」という字が持つ力強いイメージが、名前を与える人々によって選ばれた要因の一つとなっています。


「愛」「史」の漢字を含む有名人

米澤史織 / 藤本敏史 / 橋本愛 / 鈴木愛理 / 渡洋史 / 長谷川愛紗 / 石橋雅史 / 鶴嶋乃愛 / 奥村知史 / 塚本高史


「あいふみ」と読む男の子の名前例

  ふりがな 名前 漢字
man あいふみ 愛史
man あいふみ 愛文
man あいふみ 相史

「あいふみ」で使われる漢字: 愛史 愛文 相史

「相史」で読まれるなまえ: あいし あいふみ いとし